diary

憧れのダンスホール

b0184496_21324214.jpg


一斉射撃が始まった、全国蜂の巣です。千葉、仙台、札幌、名古屋、全部最高だった。あとだいたい半分、寿命が縮まってもいいから死ぬ気でやる。たまに御褒美の肉などを食いながら死ぬ気でやる。


今日は俺の愛するあなたにお願いというか、相談があるんだ。聞いてくれたらとても嬉しいし、聞いてくれなくても勝手にニヤニヤしてるから大丈夫だよ。

おれ実はね、最高のロックバンドになりたいんだ。
これは十数年前からずっと1日も欠かさず思い続けてることなんだけど、最近それについて気付いたことがあるの。

俺が夢見てた最高のロックバンド、
残念ながらおれたちだけじゃなれないんだな!

というのも最高の空間を作るにはバンドはもちろんのこと、フロアも最高にかっこよくないといけないんだよ。
プレイや照明や音響や歌やMCや汗や涎や鼻水、これらと同じくらいフロアって大事なのだ。

端的に言うとね、
「俺たちと一緒に超かっこよくなろうぜ」
ってことです

これはおれが客として見るときの主観なんだけど、ライブの満足度が100点満点で表されるとしたら、その内の15点くらいは自分以外のお客さんが握ってる。フロアがつまらん雰囲気だとライブもつまらん。誰かがいらついてたら他の人もいらつく。15点って結構でかい

15点も影響するってことはバンドの命運を握っているといっても過言ではない。最早これはバンドメンバーなんじゃないの?


じゃあ具体的になにすりゃいいのか、かっこいいフロアの定義ってなんだ。
簡単だ、
「内面のドレスコードを常に持っていること」
これだけ!

フォークで寿司食わないでしょ?プールで水着着るでしょ?校長室では大人しいでしょ?
そういうこと!
ちょっと立ち止まって息吸って周り見たら、だいたい掴める。特にライブハウスは分かりやすい空気感を出している。
みんなが同じところ気をつけてりゃ誰も傷つかないと思うんだ。人を傷付けない、格好悪いことをしない、
そこに気づける奴がいっぱいいたら相当スマートで格好いいだろ


あとねこれは肝なんだけど。言葉の綾ではなく、本当に格好つけた方がいい。精一杯格好つけて、かわいいこぶるべし。
なぜなら、ライブハウスはいつでもキラキラ輝いているべきだから。格好悪かったら格好悪いじゃん。
おれライブハウス大好きだから、いつまでも憧れの場所であってほしいんだな。



ついでにみんな仲良くなる必要はねえけどつんつんしてるとモテないぞ!



大半の人は分かってるよそんなこと!って呆れちゃうようなことばかり相談しちゃったな、遠回しな言い方しかできなくてごめんね。

みんなで超優しくてかっこいいフロア作ってね、大丈夫ですおれたちステージに立つ側はその50000倍かっこよくなるから。
[PR]
by vms_vms | 2015-02-01 21:32