diary

<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

車上荒らしと腐乱死体のブルーズの曲紹介みたいなもの

b0184496_23524676.jpg

待望のワールドツアー東京編終了しました。最高のお客さんに囲まれて、最高のライブができました!本当にありがとう。
そしてニューシングル、車上A・RA・SHI と腐乱死体のブルーズはどうだっただろうか、おれの大好きな曲達をみんなに届けられるのがとても嬉しい。大阪と名古屋も待っててな、その他の場所にも行きまくるので待っててな。
やっと聴いてもらえるのだから、せっかくなので今回の二曲を簡単に解説しようと思う。

1.車上A・RA・SHI
最近Twitter等でよく見る、沢山のアーティストによるバンド機材車盗難されましたという旨の悲痛な、怨念じみた叫びを、代弁してやろうと思い書いた歌。
正直俺は「盗まれるような場所に大切な機材を置いておくなんて自業自得だ」くらいに思っていた。
しかしある日、誤ってビレッジマンズ車をキーとじ込み(車のキーが車内にある状態で車のドアをロックしたまま閉めるやつ)をしたとき、JAFさんを呼んだ。JAFさんは慣れた手つきで、しかも、誰でも手に入れることができそうな3つの道具だけで鍵を開けた。その間およそ2分。
それを見た俺は思った。
「鍵意味ないやーん」
いやたぶん全員思った。その瞬間、この曲を作ろうと決めたのだ。
熱量がしっかり伝わればいいと思い、やりたいことを全部やってやろうと曲構成を考えたので、少し前の俺達のノリになった。賑やかしいお祭りナンバーなのでこれはライブで聴かせたい。

2.腐乱死体のブルーズ
俺のことをよく知る人が一度曲を聴いただけで、「君そのまんまじゃーん。」と言った。これは自分のことを歌ったうたなのです。俺の現状を、俺の生活を、俺の考えてることを、そのまま書いた。
きっと同じように過ごしてる人も沢山いると思うから、わかってくれる人もいるんじゃないかな。
すごく好きな歌詞。サビの「げぼにまみれてるこの星で息をするのが奇跡だぜ」の部分なんて、言葉にしただけで泣きたくなる。10年後も20年後も歌いたい。曲調はストレートなロックンロールナンバーだが、少しメロウさを持ってていいかんじ。この曲は他の曲に比べてメンバーの力を借りずに自力で作った部分が多いので思い入れが強い。

こんな感じです今回の二曲。
あんまり宣伝するのは得意じゃねえので一度ライブで聴いておくれ。

そんなわけで待望のワールドツアーまだまだ続くよ、お楽しみに!
[PR]
by vms_vms | 2013-11-16 23:52