diary

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

僕はビー玉

世界中余すことなく全員が幸せになったらいいのに、と思った数分後に目に映るもの全て地獄に堕ちろと歯を食い縛っている。
こんな人間を一体誰が愛してくれるというのだ。だってきっととっても面倒臭いじゃないか。

そう思い、誰にも悟られないようにライブ以外はいつでも顔色変えないようにしていたら、いつの間にか生気のない目になってしまったよ。
今日、通りすがりの女性二人がこちらを見て
「あの人、ほら、あれに激似じゃない?あの、ビレッジマンズストアの、ボーカルの!ツイッター気持ち悪い人!」
「いやいやあんな反社会的な顔してないっしょ。全体的に惜しい」
「たしかにー」

いやツイッター気持ちわるくないけどな。
全部聞こえてたからなんかもう逆に気持ち良かった。ツイッター気持ちわるくないけどな


いきなりやる気ある顔になって「イエエアアア!!」ってシャウトして驚かせてあげられるくらいにはならないといけないよ、いつでも誰かを楽しませてあげられる人間になりたいな。と思った。


3日間の怒濤のライブ終わりました。生きてる心地しかしないんだよ。
[PR]
by vms_vms | 2014-10-21 00:49

サラバ人生

誰よりもまずメンバーに必要とされる人間になりたい。
誰に評価してもらうことも重要ではない、彼等に認められなければ意味がない。
大好きなバンドで歌を歌えることを当たり前だなんて考えてはいけないんだよ。

思えば、できないことは沢山ある。
力を借りればいいなんて思ってはいけないな。何であれ、貸してあげられる物を持っている人しか借りちゃいけないのだ。

目を覚ましたら本を読もう、そしてそのあと勉強しよう。すこし遊んで、ギターの練習をしよう。
人間としてのいろはと引き換えに、新しい単語を一つ覚えよう。飯の食べ方排泄の仕方、あとキャッチボールの仕方くらい残しておけば大して困りはしないだろう。

怪物になりたくはないけれど、どこから人かが分からないのでおおよそ問題はなし。
よしんばそれが人でなくとも、大切な物に認められる喜びを人間的と呼ばず何と呼ぼう。

俺の目指してるものは正体は分からないが、けっこう温かいものである、気がする。
[PR]
by vms_vms | 2014-10-16 08:40

お酒の力を借りてます

b0184496_7174078.jpg

久し振りにお酒を飲みました。だからいつもより素直にブログを書こうかなと思う。しばらくさぼってたからファイナルから今日までに思ったことを書いていくね、心の総決算だ。


とりあえず昨日、アブフォーマルナイン名古屋編終わりました、バズマザーズと戦える今が幸せでならない。
俺はバズマザーズと対バンするときは真剣になりすぎて出番前にはうまく喋れず、終わったあとの打ち上げでも憧れの気持ちやら複雑な云々で緊張してしまい、気の利いたことも、楽しいことも言えなくなってしまう。そしてバズマザーズの兄さん達はそんな俺にいつも熱く、優しく、熱い。本当に大好きだ。ロッカーはみんなこんな風になってほしいけど、町中の人がみんなバズマザーズ兄さん達みたいになったらきっと収拾つかんくなるんだろうなあ、唯一無二のバズマザーズ。大阪も楽しみだ


そしてアブフォーマルナインに来てくれたみなさん、台風の中本当にありがとう。
正直誰も来ないと予想していた。頭のおかしな人が何人か台風のことなんて知らずに間違えて来ちゃったのかな、くらいの全然人のいないフロアでライブをする覚悟を決めていたので、幕が開いて沢山の顔が見られたとき、思った。

「あぁ、そういえば名古屋は頭おかしい人しかいなかったわ」

と。かくいう俺もその一人、だからあなた達のことを誰より身近に感じるよ。

冷たい雨がバンドTシャツを濡らし、暴風は頭髪をナンセンスなヘアスタイルに変形させ、水溜まりはスニーカーを不快の権化に変える。そんなになってまでこの嵐の中、ドアを叩いてくれる人が今はこんなにもいるんだ。
そう思うと嬉しくて仕方なくて、いつもよりちょっと格好つけちゃおうかなーとか思っちゃったのだ。ふふ

こんな空間がいつまでも続いたらいいなあ。
この空間が無くなったら俺は正気ではいられなくなってしまうかもしれない、あなた達の暇潰しの道具も1つ減ってしまう。

俺と、あなた達の為に、この場所を守っていかなければならない。いやそれじゃ全然心許ないね。
転がして、転がして大きくしていく。このおもちゃを最強のモンスターに変身させていかなければいけないのだ。
だから全国にいる出会ってくれたみなさん、これからも力を貸していただけないだろうか。


俺は曲を作って、かっこいいライブをする。
何度げぼ吐いても歌詞を書いて、メロディを浮かべる。あなたの望むものもびっくりさせるものも作るだろうし、たまにはがっかりするものも作るだろう。いつだってあなたのドキドキするようなことを考えるよ。


それじゃあなたは具体的に何をやればいいか、

あなたは、学校へ行け。
あなたは、仕事へ行け。
糞みたいな一日もあるだろうと思う。
でも何もしないとあなたはきっとライブを楽しめなくなる。
適当に休んで楽しいことがしたくなったら、バイトしたお金で、仕事したお金で、もしくは母ちゃんにおねだりして、ライブにおいで


俺には自分以外の生活や苦痛や悲しみを背負ってやることはできないけど、
楽しい場所も、安心できる場所も、熱くなれる場所も、全部用意してあげられるよ。 それがあなたの逃げ場の一つになったなら、そんなに嬉しいことはない。

ワンマンでもサーキットフェスの一バンドでも、その辺の道端でもいい、昨日みたいな嵐の中の湿気だらけのライブハウスでもいいよ、ビレッジマンズストアのメンバー全員と毎日負けずに頑張っているあなた達と、一緒に素晴らしい景色をもっともっと見たい。見せてあげるから、見せてちょうだい


Jack、やすのり、岩ちゃん、充よ、
旅はまだまだ始まったばかりだよ、最高にたのしいね。
[PR]
by vms_vms | 2014-10-14 07:17